みんなの「出来る」をサポートします ベルクラフト

ベルクラフトの手作り指先教材は作業療法士が考案し製作した手作りキットです

ベルクラフトの手作りキットは

・手指の巧緻動作訓練

・指先の筋力訓練

・空間認知の練習

・目と手の協調動作訓練

・集中力の向上

・達成感や自己肯定感を高める 等

年齢や障がいの有無に関わらず、使っていただけるキットになっています。

「発達に支援が必要な子供さん、手指に障がいのある方々がリハビリ時だけではなく、おうちでも気軽に楽しく手指の練習ができたら・・」という思いを形にしました。

ベルクラフトのキットは、作業療法士、理学療法士、小児神経科医、小児科医、保育士、療育に関わる先生方、障がいのある方々に実際に本品を使用していただき、ご意見を反映しながら制作したキットになっています。

意味のある作業活動を作業療法士が教えます ベルクラフト

おうちで簡単!かわいい♡指先の練習にもなる工作や小物作りを教えます

作業療法士が作業活動(工作・手芸・調理)や技術を教えます

現役の作業療法士が作業活動である工作を用いて、子どもから高齢者まで「成功体験」を増やすお手伝いをします。 

 

幼稚園・保育所、児童発達支援事業所関係の方や介護施設でのアクティビティの指導にもご活用いただけます。

工作を通して成功体験を増やすお手伝いをします!

こんな困りごとがありませんか?

こんな困りごとがありませんか?
  • 上手にお箸が使えない
  • ボタンがうまくとめられない
  • ハサミや鉛筆を使うのが苦手

など…

 


ベルクラフトは工作を通して生活用品や道具の使い方のサポートをします

Information

ベルクラフトの商品のご紹介です! (金, 28 5月 2021)
>> 続きを読む

静岡新聞に掲載していただきました (Tue, 19 Jan 2021)
>> 続きを読む

おうちで楽しみながら作品を作っていただくことが出来ます

これまで多くの子どもたちをみてきて思うことは「うまくできない」ことの原因には様々なタイプ(感覚、機能、運動等)があるということです。

 

個々の子どものタイプを把握し、その子どもに合った支援を提供していくことで「うまくできない」が「うまくできる」ようになっていきます。

「うまくできない」経験を繰り返していると、子どもはどんどん自信をなくしてしまい、「ぼく(わたし)できないから」とチャレンジしなくなってしまいます。

 

 


だからこそ早期から子供の特性を把握した対応が重要になってきます。

子ども自身が「できる」ことをたくさん経験し、自信をつけていくことで自ら取り組もうといったチャレンジ精神や、「できた」という成功体験を増やすお手伝いができたらと思っております。

(無い商品につきましては、ご希望ございましたらお問い合わせくださいませ。)

子どもの不器用さにつながる苦手さの要因

不器用さのある子どもは体を自由に動かせなかったり道具を扱えないことで運動や遊びがうまくできないことがあります。
うまくできないと、その活動に消極的になります。

はさみが苦手だと積極的に工作活動には参加しなくなったり、ボールがうまく投げられなければキャッチボールやボールを使った遊びや運動への参加を嫌がるようになる可能性があります。

 

意欲の喪失は、友達や他者と交流する機会も減ってしまいます。
子供の不器用さの原因を正しく把握して働きかけることは、個々の動作ができるようになるだけでなく、子どもに自信をつけさせ、社会生活をいきいきと過ごすことにもつながります。

 


手先や運動面の遅れに関与する5つの要因

両手がうまく使えない

両手がうまく使えない
  • はさみで切るときに上手に紙が持てない
  • ボタンの掛け外しが苦手
  • 描く時に紙がうまくおさえられない
  • おかしの袋が開けられない
  • 食事の時に茶碗がもてない

力のコントロールが苦手

力のコントロールが苦手
  • 字や絵を描く際の筆圧の調整ができない
  • お箸を強く握ってしまう
  • 姿勢が崩れやすい
  • ボールの投げ方の強弱がつけにくい
  • お友達を力一杯たたいてしまう 等

感覚の未発達

感覚の未発達
  • 手にのりがつくのを嫌がる
  • 道具がうまくつかえない
  • 掃除機など大きな音を嫌がる
  • ブランコにずっとのっている
  • 偏食がある
  • 特定の素材の衣類が着られない
  • 歯磨きの仕上げ磨きを嫌がる 等

ものをみる力が弱い

ものをみる力が弱い
  • ボールをうまくキャッチできない
  • 迷子になりやすい
  • 物や人にぶつかることが多い
  • 片づけが苦手
  • お絵描き、折り紙、工作が苦手
  • 年齢相当の文字が書けない
  • 本の読み飛ばしがある 等

身体的イメージがとらえにくい

  • 鉛筆やスプーンなどがうまく持てない
  • 体操やダンスなどリズムに合わせて踊れない
  • 縄跳びがうまく飛べない
  • ジャングルジムでうまく身体が動かせない
  • 触ったり触られるのが苦手

身体イメージには体に物が触れたときに感じとる「皮膚感覚」や体を動かすときに無意識に行っている「力のコントロール」などが大きく関わっています。これらの力は子どもの生活環境に影響するものですが、体や指先を使った遊びを多くすることで発達していきます。

ひも通しの練習で生活用品や道具の使い方を身につけられます。

上手にお箸が使えない、ボタンがうまくとめられない、ハサミや鉛筆を使うのが苦手なお子さんには、ひも通しの練習で生活用品や道具の使い方を身につけられます。
  • 目と手の協調動作
  • 両手動作
  • つまみ動作
  • 巧緻動作
  • 感覚 等
作業療法として現場で行うことが多い課題です。

おうちでできる指先トレーニングセットの教材をつくりました!

全国に、児童発達支援事業所や放課後デイサービスがたくさんありますが、その中で、実際作業療法士が関わっている事業所さんはまだまた少ないのが現状です。

 

親御さんからは

「発達のリハビリに通いたくてもなかなか予約がとれない…」

「どうやって教えてあげたらいいのかわからない」

「リハビリが楽しくないみたいで、子どもが行きたがらない」

等のお話をよく耳にします。

 



たくさんの親御さんのお声から、
おうちでできる指先トレーニングセットの教材をつくりました!
おうち時間に楽しくて効果のある作業練習をしませんか?

 

ベルクラフトの商品についてのお問い合わせはこちらから
ベルクラフトの商品はこちらよりお買い求めいただけます。
ベルクラフトの商品はこちらよりお買い求めいただけます。

  • クリーマ クリーマでも販売しています。
  • ミンネ ミンネでも販売しています。
  • メルカリ メルカリでも販売しています。
  • Twitter ツイッターはこちらから
BELLCRAFT
指先教材について
工作キットについて
サポート内容

メディア掲載
お問い合わせ
購入者様の声

Contact

メール・LINEは24時間受付しております。

お問い合わせフォーム、メール、
LINEにてご連絡くださいますようお願い申しあげます。

お問い合わせ
LINE
メールでのお問い合わせはこちら
Instagram